Kaleidoscope - InZeed

- Science, Technology, Article, Music, Poem, Essay, etc ...

ホワイトハット

FC2 Online Web Service Open Redirect (Unvalidated Redirects and Forwards) Cyber Security Vulnerabilities

  FC2 Online Web Service Open Redirect (Unvalidated Redirects and Forwards) Cyber Security Vulnerabilities   Domain: fc2.com “FC2 (founded July 20, 1999) is a popular Japanese blogging host, the third most popular video hosting service in Japan (after YouTube and Niconico), and a web hosting company headquartered in Las Vegas, Nevada. It is the sixth […]

FC2 fc2.com Online Website URLs XSS (cross site scripting) Vulnerabilities (All URLs Under Domain blog.fc2.com/tag)

FC2 fc2.com Online Website URLs XSS (cross site scripting) Vulnerabilities (All URLs Under Domain blog.fc2.com/tag)   Domain: blog.fc2.com/ “FC2 (founded July 20, 1999) is a popular Japanese blogging host, the third most popular video hosting service in Japan (after YouTube and Niconico), and a web hosting company headquartered in Las Vegas, Nevada. It is the […]

OAuthとOpenIDに深刻な脆弱性か–Facebookなど大手サイトに影響も

OAuthとOpenIDに深刻な脆弱性か–Facebookなど大手サイトに影響も   OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」に続き、人気のオープンソースセキュリティソフトウェアでまた1つ大きな脆弱性が見つかった。今回、脆弱性が見つかったのはログインツールの「OAuth」と「OpenID」で、これらのツールは多数のウェブサイトと、Google、Facebook、Microsoft、LinkedInといったテクノロジ大手に使われている。             シンガポールにあるNanyang Technological University(南洋理工大学)で学ぶ博士課程の学生Wang Jing氏は、「Covert Redirect」という深刻な脆弱性によって、影響を受けるサイトのドメイン上でログイン用ポップアップ画面を偽装できることを発見した。Covert Redirectは、既知のエクスプロイトパラメータに基づいている。     たとえば、悪意あるフィッシングリンクをクリックすると、Facebook内でポップアップウィンドウが開き、アプリを許可するよう求められる。 Covert Redirect脆弱性の場合、本物に似た偽ドメイン名を使ってユーザーをだますのではなく、本物のサイトアドレスを使って許可を求める。     http://www.asahi.com/tech_science/cnet/CCNET35047497.html

XSS攻撃に対して脆弱先立ち2013年にニューヨーク·タイムズ紙の記事へのすべてのリンク

XSS攻撃に対して脆弱先立ち2013年にニューヨーク·タイムズ紙の記事へのすべてのリンク     2013の前に公開されたニューヨーク·タイムズ(NYT)の資料へのURLは、Webブラウザのコンテキストで実行されるコードを提供できるXSS(クロスサイトスクリプティング)攻撃に対して脆弱であることが見出されている。   NYTimesのの設計に基づいて、ほぼ2013年前にすべてのURLが(記事のすべてのページを)影響を受けます。実際には、「印刷」ボタン、「単一ページ」ボタンを含むすべての記事ページには、「ページ*」ボタン、「次ページ」ボタンが影響を受けます。       NYTimesのは、そのサーバに送信されたURLを復号化し、2013年以来、このメカニズムを変更しました。これは今メカニズムはるかに安全になります。   し かし、2013年前にすべてのURLは古いメカニズムを使用しています。これは2013年前にほとんどすべての記事ページはまだXSS攻撃に対して脆弱で あることを意味します。私はNYTimesの前にURLをフィルタリングしない理由はコストだと思います。それは前にすべての投稿記事のデータベースを変 更する(マネー&人的資本)あまりかかります。   この脆弱性は、物理の学校と数理科学(SPMS)、南洋理工大学、シンガポールから数学の博士課程の学生によって(Wang Jing) 発見されました。   王によって与えられたPOCとブログの説明、 https://www.youtube.com/watch?v=RekCK5tjXWQ http://tetraph.com/security/xss-vulnerability/new-york-times-nytimes-com-page-design-xss-vulnerability-almost-all-article-pages-are-affected/     一方、王は「ニューヨーク·タイムズ紙は、これはより良い保護メカニズムです。今新しいメカニズムを採用しています。」と述べた   記事が古い場合でも、ページがまだ関連しています 最近の記事への攻撃は間違いなく大きな影響を持っていただろうが、2012年、あるいはそれ以上の年齢の記事は廃止されてから遠く離れている。彼らはまだ攻撃の文脈において関連があるでしょう。   サイバー犯罪者は、高い成功率、すべての複数と標的型攻撃を潜在的な被害者へのリンクを送信し、記録するさまざまな方法を考案することができる。   XSSとは何ですか? ク ロスサイトスクリプティング(XSS)は、典型的には、Webアプリケーションで見つかったコンピュータセキュリティの脆弱性の一種です。 XSSは、他のユーザが閲覧するWebページにクライアント側のスクリプトを注入するために、攻撃を可能にします。クロスサイトスクリプティングの脆弱性 は、同一生成元ポリシーとしてアクセス制御をバイパスするために攻撃者によって使用されてもよい。ウェブサイト上で行わクロスサイトスクリプティングは、 2007年のようにSymantecが文書化されたすべてのセキュリティ脆弱性の約84%を占めた(ウィキペディア)             参考文献: http://securitynewswire.com/securitynews2012/article.php?title=XSS_Risk_Found_in_Links_to_New_York_Times_Articles_Prior_to_2013 http://www.veooz.com/news/FHb0__Q.html http://www.tomsguide.com/us/xss-flaw-ny-times,news-19784.html http://www.hotforsecurity.com/blog/cross-site-scripting-xss-vulnerability-in-new-york-times-articles-before-2013-10555.html http://news.softpedia.com/news/XSS-Risk-Found-In-Links-to-New-York-Times-Articles-Prior-to-2013-462334.shtml http://itsecuritynews.info/tag/wang-jing/ http://www.hellasforce.com/blog/xss-kindini-entopistikan-se-sindesmous-sto-new-york-times-se-arthra-prin-2013/ http://telezkope.com/Technology/Programming/3321242/cross-site-scripting-xss-vulnerability-in-new-york-times-articles-before-2013 http://news.silobreaker.com/google-doubleclicknetadvertising-system-url-redirection-vulnerabilities-can-be-used-by-spammers-5_2268368584637939712 http://aga.ustc.edu.cn/news/view?id=2094 […]

OAuthとOpenIDに深刻な脆弱性か–Facebookなど大手サイトに影響も

  OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」に続き、人気のオープンソースセキュリ ティソフトウェアでまた1つ大きな脆弱性が見つかった。今回、脆 弱性が見つかったのはログインツールの「OAuth」と「OpenID」で、これらのツールは多数のウェブサイトと、Google、Facebook、 Microsoft、LinkedInといったテクノロジ大手に使われている。   シンガポールにあるNanyang Technological University(南洋理工大学)で学ぶ博士課程の学生Wang Jing氏は、「Covert Redirect」という深刻な脆弱性によって、影響を受けるサイトのドメイン上でログイン用ポップアップ画面を偽装できることを発見した。Covert Redirectは、既知のエクスプロイトパラメータに基づいている。   たとえば、悪意あるフィッシングリンクをクリックすると、 Facebook内でポップアップウィンドウが開き、アプリを許可するよう求められる。 Covert Redirect脆弱性の場合、本物に似た偽ドメイン名を使ってユーザーをだますのではなく、本物のサイトアドレスを使って許可を求める。   ユーザーがログインの許可を選択すると、正当なウェブサイトではなく攻撃者に個人データが送られてしまう。渡される個人データは、何を要求されるかにもよるが、メールアドレス、誕生日、連絡先リスト、さらにはアカウント管理情報にも及ぶ可能性がある。   アプリを許可したかどうかにかかわらず、標的になったユーザーはその後、攻撃者が選ぶウェブサイトにリダイレクトされ、そこでさらなる攻撃を受ける可能性がある。   Wang 氏によると、すでにFacebookには連絡し、この脆弱性を報告したが、同社は「OAuth 2.0に関連するリスクは理解していた」と述べた上で、「当プラットフォーム上の各アプリケーションにホワイトリストの利用を強制することが難しい」た め、このバグを修正することは「短期間で達成できるものではない」と返答したという。   影響を受けるサイトはFacebookだけではない。Wang氏は、Google、LinkedIn、Microsoftにもこの件を報告したが、問題への対処についてさまざまな回答を受け取ったと述べている。   Google(OpenID を利用している)はWang氏に、現在この問題に取り組んでいると伝えた。LinkedInは、この件に関するブログを公開 したと述べた。一方でMicrosoftは、調査を行ったところ、脆弱性はサードパーティーのドメインに存在しており、自社サイトには存在しないと述べ た。   この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。   ソース: http://sp05rdcy.jugem.jp/?eid=1934     関連ニュース:  http://www.cnet.com/news/serious-security-flaw-in-oauth-and-openid-discovered/ http://phys.org/news/2014-05-math-student-oauth-openid-vulnerability.html http://www.tomsguide.com/us/facebook-google-covert-redirect-flaw,news-18726.html http://japanbroad.blogspot.jp/2015/05/oauthopenid-facebook.html http://news.yahoo.com/facebook-google-users-threatened-security-192547549.html http://tetraph.com/covert_redirect/oauth2_openid_covert_redirect.html https://computerpitch.wordpress.com/2014/12/16/oauth-openid-covert-redirect/ http://diebiyi.com/articles/security/covert-redirect-mengancam-oauth-2-0-dan-openid/372/ http://blog.kaspersky.com/facebook-openid-oauth-vulnerable/ http://aibiyi.blogspot.com/2015/05/des-vulnerabilites-pour-les-boutons.html http://tetraph.blogspot.com/2014/10/oauthopenid-facebook.html http://yurusi.blogspot.com/2015/05/falha-de-seguranca-afeta-logins-de.htmla http://www.inzeed.com/kaleidoscope/covert-redirect/372/ […]

Kaleidoscope - InZeed © 2015 Frontier Theme